お金借りる おすすめ

MENU

お金借りるおすすめのウラワザをこっそり教えます!

考える女性

 

お金を借りるとき、おすすめのウラワザはありませんか?

 

 

このような声にお応えして、さまざまなおすすめのウラワザを掲載しています。

 

 

どうせお金借りるのだったら、お得に借りてみませんか

 

 

インターネットに掲載されていないウラワザもあります。

 

記事は随時更新しますので、お楽しみに!!

 

その1・公的融資制度を利用する

公的資金制度案内

 

お金借りる場合の借入先として、銀行ローンや

 

消費者金融、信販系などがありますが、

 

国や地方自治体がそれよりも有利にお金を

 

貸してくれる「公的融資制度」はご存知

 

でしょうか。

 

国や地方自治体は、教育ローンや住宅ローンを

 

はじめ、様々な低金利融資制度を行っています。

 

お金借りるなら、まずは公的融資制度

 

利用できるかどうか検討してみましょう。

 

生活福祉資金貸付制度

 

[対象]
生活費などに困っている世帯向け

低所得者世帯・・・必要資金を他から借り受けることが困難な世帯

 

障害者世帯・・・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯

 

高齢者世帯・・・65歳以上の高齢者の属する世帯

[概要]
お金が足りなくても困窮している世帯が自立できるようにサポートする支援制度

 

[管轄]
厚生労働省⇒ 生活福祉資金貸付制度(厚労省)のページへ

 

[運用団体]
都道府県社会福祉協議会

 

[特徴]
この制度の中の「総合支援資金」というサポートは、金利が0〜1.5%と低金利でお金借りることができます。

 

生活困窮者自立支援制度

 

[目的] 
経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある方に対して、個々の状況に応じた支援を行い、自立の促進を図ることを目的としています。

 

[管轄] 
厚生労働省⇒ 生活困窮者自立支援制度(厚労省)のページへ

 

[主な制度]

・自立相談支援事業
・就労準備支援事業
・家計相談支援事業
・就労訓練事業
・一時生活支援事業

[特徴] 
市・区(または都道府県)が実施主体となり、さまざまな課題を抱える生活困窮者を幅広く受け止め総合的な相談支援を行う自立相談支援事業(必須事業)と、本人の状況に応じた支援を行う各支援事業(任意事業)があり、自立相談支援機関において計画される自立支援計画に基づき、各種支援が行われます。

 

具体例として

・離職により住居を失った方に対し、家賃相当額を有期で給付
・住居のない方に対して、一定期間宿泊場所や衣食の提供
・家計に関する相談、家計管理に関する指導、貸付のあっせん
・就労その他の自立に関する相談支援、自立に向けた支援計画の作成
・子供に対して、学習支援や保護者への進学助言

など、幅広い支援制度があります。

 

公的年金担保貸付制度

 

[対象]
高齢者の方で一時的な資金需要がある方

 

[管轄]
厚生労働省

 

[運用団体]
独立行政法人 福祉医療機構 ⇒ 公式ホームページへ

 

[概要]
厚生年金や国民年金を受給している方が利用できる制度で、年金を担保にお金を借りることができる制度。金利は1.6%。年金を担保にできるのはこの制度のみ認められており、他の民間のサービスは違法となるので利用しないように注意しましょう。

 

(参考) コトバンク デジタル大辞泉より

 

平成16年(2004)に貸金業規制法(現貸金業法)が改正され、公的給付を担保とする違法な融資に対する規制・罰則が強化された。独立行政法人福祉医療機構が行う年金担保貸付制度は、唯一の例外として法律で認められている。

 

※このほか、国の教育ローンなど様々な公的資金制度がありますので、ぜひ活用しましょう。

 

 

その2・消費者金融の無利息サービスを活用する

消費者金融コールセンター

 

大手消費者金融では初めての借入れの方を対象に

 

「無利息融資」を行っている会社が多いです。

 

短期間の借入れなら、この方法で借りるのが

 

最もお得といえます。

 

無利息融資は一定期間利息なしで借りられる

 

サービスですが、各社によって内容が違います。

 

大手消費者金融・A社の場合

・初めてA社を利用する方
・Eメールアドレスの登録
・受取書面はWeb明細を選択

 

大手消費者金融・B社の場合

初めてB社を利用する方
「35日ごと」の返済期日で契約する方

 

大手消費者金融・C社の場合

・初めてC社を利用する方
・契約額:1〜200万円まで
180日間は何度利用しても5万円までが無利息

 

※各社によって無利息の期間開始日が違います。

 

 

無利息融資のメリット

 

・短期の借り入れで利息がかからない

 

即日でお金が借りられる

 

無利息融資のデメリット

 

・一括返済を行わないと利息が発生する

 

・返済日を過ぎると遅延損害金が発生する

 

無利息融資で得する金額

 

50万円のお金を30日間の無利息サービス

 

1年間借りた場合

 

年利18.0%で計算すると、

 

50万円×0.18=9万円 (割る12か月で) 7,500円

 

よって、

 

7,500円のお得 となります。

 

金利が1か月分無料になるので、トータルで考えると1年間の実質金利は17%程度となります。

 

無利息融資のまとめ

 

無利息融資

 

ポイント:短期(無利息期間内)で一括返済出来る場合は、金利がかからないのでこちらが一番おすすめの借入方法です。

 

その3・銀行の定期預金を利用する

消費者金融コールセンター

 

@ 銀行で総合口座を作る

 

A クレジットカードや銀行、消費者金融などで限度額いっぱい(仮に100万円)のお金を借りる

 

B そのお金をそのまま郵便貯金の定期預金に預入れする。

 

C 定期預金の場合、その定期預金を担保に9割まで借りられるので、100万円の定期預金であれば、90万円まで借りることが可能。ここでも利息は発生するが、定期預金の金利でプラスマイナスはほぼ0に。

 

D最初にAで借りた会社に、お金を借りた金額の半分(50万円)を返済。

 

つまり・・・

 

郵便局から借り換えなしだと100万円に対して15.0%〜18.0%の金利がかかるのに対し、借り換え後は50万円返済したのでAで借りた会社には残り50万円に対しての利息しかかからない。

 

 

銀行の定期預金担保貸付の金利、条件

 

銀行名

金利

限度額

貸付期間

三菱東京UFJ銀行

定期金利+0.5%

定期預金の90%または200万円のいずれか少ないほう 定期預金の満期日まで

三井住友銀行

定期金利+0.5%

定期預金の90%または200万円のいずれか少ないほう 定期預金の満期日まで

みずほ銀行

定期金利+0.5%

定期預金の90%または200万円のいずれか少ないほう 定期預金の満期日まで

ゆうちょ銀行

定期金利+0.5%

定期預金の90%または300万円のいずれか少ないほう 定期預金の満期日まで

 

 

 

※ゆうちょ銀行の貸付期間は2年間。
※定期預金担保貸付の金利は0.025% + 0.5% = 0.525% なので、0.525%しか金利がかからない。

 

 

金利15.0%の場合

 

 

【借り換えなしの場合の返済額】

 

Aの金融機関 100万円×1.15=115万円(年間)

 

 

【銀行に借り換えする場合の返済額】

 

Aの金融機関 50万円×1.15=57万5千円 と

 

銀行定期預金担保貸付分の40万円×1.0525=42万1千円 と

 

銀行定期預金に残っている10万円 の合計 109万6千円

 

(注)残り10万円は利息がかからない

 

Aでそのまま借りるより115万-109万6千=5万4千円の得となります。

 

即日融資 おすすめの会社

 

⇒即日融資イチオシの会社

 

⇒最新総合ランキングへ

 

⇒銀行系でお金借りたい!

 

⇒女性専用ローンで借りたい!

 

⇒審査に不安のある方はこちら

 

⇒総量規制外で借りたい!

 

⇒低金利でお金借りたい!

 

⇒無利息サービスを利用したい!

 

 

▲TOPへもどる

 

 

 

リンク